フリーランスと居住地について

フリーランスは都会派の人と田舎派の人と放浪派の人がいます。
都会派は人と対面したりする必要がある場合が多いです。

都会はビジネスチャンスが多いので、フリーランスも仕事を得やすいです。

ただし、都会はライバルのレベルも高いし、競争相手も多いので、優れた人か独自の魅力がある人でないと勝ち残りにくいです。


田舎派のフリーランスは半時給自足生活をしながら、必要最低限度の現金をフリーランス業務で稼いでいる場合が多いです。



ネット収入が得られるような業務をしている場合が多いですが、人と対面したりする必要がある仕事をしていることもあります。

田舎は顧客になりうる人が少ないので、ビジネスチャンスが少ないですが、ライバルが少なくてレベルが低かったり、ライバルがいなくて楽に稼げる場合もあります。

放浪派のフリーランスはネット収入が得られるような業務をしている場合が多いです。


もしくは世界を点々としながら、何かを教えているような人もいます。
世界的にその道では有名な人がこのような形で働いていたりします。

ネット収入を得ている人の場合には日本では暮らしていけないが、物価の安い国なら暮らしていけるという人もいます。



タイなどにはこのような人が多数おり、お金はそれほどないが、ゆったりと楽に暮らしている場合が多いです。



いずれにしても、定住し続けているような人は珍しいです。

時の流れや状況に応じて、臨機応変に住まいを変えていくような人がフリーになる人には多いです。