フリーランスへの転職は慎重に

フリーランスと聞くと時間や人間関係にしばられることなく自由に仕事をしているイメージが優先してしまいますが実際はそうではありません。現在はインターネットの大幅な普及により、パソコンさえあれば自宅にいながらにして仕事をすることができるようになりました。こういった生活環境の変化に伴いフリーランスという働き方も一般的となってきましたがメリットばかりではありません。
例えば会社勤めの場合は年金や健康保険は会社がある程度負担してくれます。



ですが、フリーランスは自営業のようなものですので、こういった費用は全て自分で負担しなければなりません。また金銭面でのデメリットはローンや融資の審査が通りにくくなると言うことです。



フリーランスとは不安定な職業ですのである程度一定の収入があるとは限りません。


収入が多い月もあれば少ない月もあります。

ですのでローンや融資を組みにくいということも大きなデメリットでしょう。

これからフリーランスに転職をお考えであればそういったデメリットもしっかりと把握しておかなければなりません。

単純に上司と気が合わないから、自分の好きなときに仕事をしたいから、といった安易な理由で転職してしまうと後悔しかねません。

一度会社勤めを辞めてしまうと再び会社勤めをすることはとても難しいのです。



人との付き合い方や時間の使い方、仕事の進め方などが全て異なるからです。


もしもこれから挑戦しようとお考えであればそういった点もしっかりと把握しておきましょう。