フリーランスという職業のメリットとデメリット

昨今特定の会社に属さず自分の技能を売り込んでいくフリーランス形態で働く方が増えています。インターネットの普及で、これまで個人が受けられなかった仕事もネットを通じて受けられるようになったためだと言われています。
フリーランスを選ぶ場合、会社員と比べてメリットやデメリットはあるのでしょうか。



メリットの最も大きい点は、やはり収入であると言われています。



時代のニーズにマッチしたサービスを提供できれば、年収1000万円超えも夢ではないと言われています。


また上司がいないため、自分の力で仕事をして、稼いで生きていくという方には向いている職業ともいえるでしょう。
デメリットは会社の年金や保険に基本的に入れないため、フリーランスの場合の老後の社会保障が会社員に比べると低額になる傾向があることが挙げられます。

もちろん会社員が支払っている厚生年金以上の収入を得ていれば、老後に貯蓄を回しておくことができますので心配はないとも言えますが、収入自体が不安定な場合なかなか老後の生活資金まで頭が回らないということもあります。このためフリーランスで仕事をしていく場合は、なるべく早く仕事を継続的に受けられるようにして、収益を継続して得られるような仕組み作りを開業の際に考えておくとよろしいでしょう。



5年後には収入いくらで人を雇って自分はブランディングを行う、などといった具体的な業務計画を立案してそれを実現していけば、収入アップと自分の時間確保ができますので、有効であるといえます。