フリーランスの働き方は今後も増える?

フリーランスの働き方をする人は、全就業人口のうち1割程度だと言われています。これは昔と比べるとかなり多い数値になりますが、アメリカでは3割の人がフリーランスで働いているというデータがあるので、日本がアメリカの影響を受けていることを考えると、まだまだフリーランスの人口は増えると思われます。



人口が増えると、競争率が上がっていくので仕事はなくなっていくという問題があります。

しかし、クラウドソーシングを利用する企業は今後も増えていくと予想されているので、人口の増加と比例して仕事の量も増えていくので、仕事がないという問題はしばらくは起きないであろうと予想されているようです。



企業が現在正社員にまかせているような仕事をクラウドソーシングで安価で依頼するようになると、正社員の数がますます減少するという問題も起こります。

これについては国がなんらかの政策を実施するかもしれませんが、まだ現段階ではわかりません。
また、正社員がやっている仕事をわざわざクラウドソーシングで依頼することのメリットは、費用が節約できることにあります。

そのため、当然ですが、同じ仕事をしていてもクラウドソーシングで働いたほうが給料は下がるということになります。

フリーランスで働く人が増えていくことは、自由な働き方ができる人が増えるというメリットでもあるのですが、十分な給料がもらえるかどうかという点で、不安が残ります。

結婚ができない若者がますます増える可能性もあります。
国がどのような政策を実施するのかにかかっているかもしれません。